妊婦が歯周病になりやすいわけ
女性の間では有名な話ですが、妊婦になってしまうと歯周病になりやすいと言われています。しかし、そうなるという事実を知っている人は多くても、なぜ妊婦が歯周病になりやすいのかという理由については知らない人が多いものです。それでは、妊婦が歯周病になりやすいわけについて、簡単にご説明致しましょう。

アイオワ大学の理想の発音教材Flash

妊婦には特徴的な症状であるつわりというものがあります。このつわりは、口の中に物を入れようとすると吐き気がしたり、胃の内容物を嘔吐してしまったりする症状です。それがひどい場合には、何も口に入れなかったとしても吐き気や嘔吐を繰り返してしまう場合もありますので、かなり大変な症状であることが理解できるでしょう。このような辛いつわりは歯磨きをしようとする際にも起こってしまうので、妊婦の人はかなり歯磨きがやりにくい環境になります。そのため、口腔内の清潔はどんどんと悪化していき、歯周病に罹患してしまう可能性が高くなってしまうのです。これが妊婦が歯周病になりやすいと言われるわけになります。

==北海道歯科技工士会== index

このつわりによる不十分な口腔ケア、そして歯周病の進行によって妊婦の期間に歯にかなりのダメージが加わったという話もよく聞くことですから、妊婦の人は妊娠をしている時であってもどうにかして歯周病を改善する必要があると言えるでしょう。ただ、口に何も入れられない状態になってしまうと打つ手がなくなりますので、つわりがましになるまで、もしくは出産を行うまで十分な口腔ケアができないと割り切って考えなければならないかもしれません。その考え方は歯周病を迎合しているようにも見えますが、ストレスを溜めない、そしてつわりを酷くしないためには仕方のないことです。

仙台 歯医者へ行く

これから子供を作りたいと考えており、まだ妊娠出産を経験したことの無い女性は、上記の点に気をつけて、できるだけ歯周病にならないような妊娠生活を送れるように準備を始めておいたほうが良いでしょう。